リステリンの使い方

 

歯 うがいリステリンの使用方法 歯 うがい

お口の中の環境を良くするための使用方法を紹介します。

 

30秒間のぶくぶくうがい

歯磨きで歯垢をしっかり落としてから、ぶくぶくうがいを30秒間続けてください。

毎日続けていくと汚れのつき具合に変化が現れます!

 

食後の使用

むし歯は食後口腔内の細菌が活発になり、お口の中が酸性になる事で歯が溶かされていきます。

通常お口の中は中性の状態なのですが、食事や間食で一度酸性になると戻るのに40分ほどかかります。

『おやつを食べているとむし歯になりやすい』というのは、

ダラダラ食べるせいでお口の中がずっと酸性になり、歯が溶かされ続けているからなのです。

 

食後にリステリンでうがいをすると、使用後すぐに中性に戻してくれるので(2分程度)

食後の使用はとってもオススメです♪

 

1日2回ぶくぶくうがいをする

殺菌効果が12時間ほど続くので、可能な方は1日2回使用すると殺菌状態が続きます。

 

歯磨きは必ず行ってください!

殺菌効果がいくら高くても、歯垢と呼ばれる細菌の塊はうがいでは落ちません。

歯磨きは必ずしてくださいね。

 

1667005003☆刺激の強いマウスウォッシュが苦手な方へ

新発売の低刺激タイプがおすすめです。

もしくは規定量から4倍ほど薄めて使っても浸透殺菌の効果はあるそうなので、

始めは薄めて使い、だんだん慣れてきたら原液に近づけていくのもいいと思います♪

セミナーを聞いて、院内でも使っているのですが、スタッフも最初は薄めて使っていました(^^)

 

効果が高く、しかもお手頃なので、皆さんもぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

 

参考資料

『リステリン®殺菌性洗口剤臨床等文献レビュー』