唾液を増やすには

お口の健康には必要不可欠な唾液。

では、唾液が減ってきてしまったら、どうしたらいいのでしょうか。

 

実はちょっとした工夫で唾液を増やす方法があります。

 

まずは水分をたくさん摂ること。

体内の水分が増えると唾液の分泌も増加します。

 

コーヒーや紅茶、お酒などを飲みすぎている方は要注意。

利尿作用のある飲み物は、排尿により体内の水分を減らしてしまいます 😥 

 

次に、たくさん噛むこと。image

噛むことはとっても大切です。

脳の刺激にもなるので、歯がなくなり認知症が進む方もいます。

硬いものを食べる、一口サイズに切らず大きいまま食べる、など噛む回数を増やすように気をつけたり、

ガムを噛む習慣をつけると毎日の咀嚼数がグッと上がります。

普通のガムでも効果はありますが、

むし歯になりにくくなるポスカキシリトールがお勧めです :-) 

 

そして、口呼吸をやめること。

口呼吸のデメリットはたくさんあります。

口が渇くので、口臭、むし歯、歯周病になりやすい。

口周りの筋肉が緩み、歯並びが悪くなる。

姿勢が悪くなる。

免疫力が落ちる。などなど。

鼻で呼吸する習慣をつけましょう。

 

あとは禁煙をすること。image

タバコのニコチンには利尿作用があり、体内の水分が減ってしまいます。

タバコの吸いすぎは唾液を減らすうえ、

免疫力を低下させるので歯周病を悪化させてしまいます。

 

それでもあまり効果が見られない方、他にも

唾液腺のマッサージや、保湿剤の使用などがあるので

次回紹介します♪