唾液が減る原因と症状

 

お口の中の健康にとって欠かせない唾液

 

唾液は、夜寝ているときに少なくなります。

これは生理的なもので皆さんの体の中で毎日起きています。

 

この時、お口の中では細菌が繁殖しやすい環境になっているので

朝起きると口の中がネバネバしたり、口臭が気になる方もいますが

生理的口臭と言って特に問題はありません。

 

加えて、唾液の少ない時間は、むし歯菌にとっては最高の時間帯です。歯 歯ブラシフロス

むし歯予防のためにも、寝る前は歯磨きやフロスなどで

しっかり汚れを落とすことが大切です! :roll: 

 

 

また、

・口呼吸をする方

・お薬の副作用

・加齢

・疲れやストレス

などが原因で唾液が減少することもあります。

 

 

次のような症状がある方は唾液が減ってきているかもしれません082990

・食べ物が飲み込みにくい

・口内炎ができやすい

・口臭が強くなった

・むし歯が急に増えた

・酸っぱいものがしみる

・味覚が変わった

 

唾液の分泌が減ってきた場合、どのように対処したらいいのか、

ご自身で出来るケアなどについて、次回お話ししていきます♪