キシリトールには効果的な食べ方があります

今日は、よりむし歯になりにくくなるキシリトールの食べ方をご紹介します!

普段から使っている方にも、これから使い始める方にも

ぜひ知っておいていただきたいです :-) 

キシリトールの選び方はこちらをご覧ください♪ 

 

むし歯の仕組み4まずは一回一粒で毎日3回、3カ月間食べ続けてみてください。

 

3か月毎日続けることで細菌の動きが弱まり、

むし歯になりにくい状態に変化していきます☆

 

 

1日を通して少量を、回数多く食べて、お口の中にキシリトール成分が長く留まっていることが大切なので、

むし歯になりやすい と感じる方は食べる回数を増やして5回くらいが望ましいです。

食後やおやつを食べた後に摂取するようにしてください。

 

ただ、一気に食べるとおなかがゆるくなってしまう時もあるので、様子を見ながら食べてみてくださいね。

 

 

ある程度継続的に食べていれば、

食べるのをやめてからも3年程度は予防効果が続く といわれています。

お子様から大人の方まで効果があるので、むし歯に悩んでいる方・むし歯予防に関心のある方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

   1667000002