キシリトールの選びかた

キシリトールは、ガムやタブレットなど、

むし歯予防の効果を高めるため、お口の中に長くとどめておける形で市販されています。

 

たくさん出ているキシリトール製品を選ぶ際には 含有量 に注目してみてください。

砂糖を使わず、50%以上のキシリトールが含まれていないと効果がありません!キシリトール

 

歯科医院で売られているキシリトール製品は100%キシリトール配合。

むし歯の原因になる成分が入っていないのでオススメです。

 

市販品を購入の際は含有量が書いてあるか探してみて下さい。

 

もし書かれていない場合はパッケージの栄養成分表示に注目です♪

『炭水化物』と『キシリトール』の量を見ると含有量がどれくらいか分かります!

 

たとえば、、1667085501

『炭水化物 20g  キシリトール 20g』と表記されている場合、

キシリトール100%含有です。

 

『炭水化物 20g  キシリトール 10g』

この場合は、キシリトールが50%含有という事なんです。

 

1667005003ちょっと難しいので簡単に説明すると、

キシリトールと炭水化物の量が同じくらいだと100%近く、

キシリトールの量が炭水化物の半分以上で50%以上配合という事になります。

『糖類0g』かどうかも確認してくださいね♪

 

ご購入の際はぜひむし歯予防に効果的があるキシリトール製品を選んでみてください :-)