なかなか治らない「口内炎」はありませんか?

なかなか治らない「口内炎」はありませんか?
 
2週間以上経っても症状が治らない場合、口腔がんの可能性があります。
口腔がんは、早期発見が非常に大切です。
 
口腔がんは舌のほかにも、歯ぐき、頬、上あご、唇など、さまざまなところで発症します。
 
口腔がんが進行すると、手術で舌や頬、あごなどを大幅に切除しなければならないため、術後、食事したり、会話したりすることに不自由が生じたり、外見が大きく変わることもあります。
 
しかし、初期のうちに発見されれば、確実に治療できる場合がほとんどです。ごく小さな手術で済むので、術後もそれまでとほぼ変わらない生活を送ることができます。
 
お口の中で気になる点がありましたら、歯科医師・歯科衛生士にお気軽にお知らせください。
定期的に、口腔がん検診を受診すると安心です。
 
口腔がん検診

口腔がん検診