おうちで使えるフッ素

今日はおうちで使えるフッ素を紹介していきます!

 

こちらは、フッ素が低濃度で配合されたもので、

毎日繰り返し使うことで歯を強くしていきます。

 

フッ素はもともとお茶や食べ物などに含まれている天然のミネラル成分なので、

用量をきちんと守れば、どなたでも安心してお使いいただけます。

 

おうちでむし歯が予防できるのはとても魅力的ですよね♪

フッ素は繰り返し使えば使うほど 歯を強くしてくれるので、

歯科医院でフッ素塗布した方でも、おうちでフッ素材を併用する事で、より高い効果が期待できます。

 

最近では歯科医院だけでなく、ドラックストアなどでもフッ素材が販売されています。

フッ素配合の歯磨き粉の他にも、スプレータイプ、ジェルタイプ、

などなど…

使用感や生活習慣、使う方に合わせて様々なタイプが選べます。

たくさん販売されているので、迷ってしまった方はぜひ一度ご相談ください。フッ素歯磨剤

 

ちなみに歯磨き粉のフッ素配合量は1000ppm以下と決められているのですが、

規定量まで、たっぷり配合されている商品がオススメです!

(※平成29年3月17日から1500ppm以下に引き上げられました。6歳未満のお子様には使用できません。6歳未満のお子様には500ppm、6歳以上のお子様には900ppm~1000ppmの歯磨き粉がおすすめです。)

フッ素がたっぷり配合されている歯磨き粉には、配合量が記載されているのでぜひ注目してみてください♪

 

フッ素ジェルフッ素の効果的な使い方歯 歯ブラシフロス

汚れがついているとフッ素が歯に浸透できず、効果がありません。

なのでご使用前には必ず歯磨きをして、しっかり汚れを落としてくださいね。 

フッ素はお口の中に長く留まることで十分な効果を発揮できます。

なので長く留まらせるために以下のような方法でお使いください♪

 

①就寝前に使う

ジェルやスプレーなどの場合、うがいや唾液で流される心配のない就寝前に使うのがオススメです :-)

 

②飲食は時間を空けて

最低でも30分は時間をあけてください。

そもそもダラダラ食べること自体が、むし歯になりやすい環境を作ってしまうので、

おやつは時間を決めて食べるといいですね。

 

③ぶくぶくうがいは少なめに

フッ素入り歯磨き粉を使うことはとってもいいことなのですが、

しっかりうがいをしてしまうとお口の中にはほとんどフッ素が残りません。

1,2回軽くゆすいで、お口の中に味が残っている程度が効果的です。

 

 

自宅で使えるフッ素と歯科医院でのフッ素

二種類とも作用の仕方は違いますが、正しい使い方をすることでどちらも十分効果があります。

ぜひご自身にあった使い方をしてみてください♪

 

435735

ただし、フッ素で予防できるのはむし歯になる前の健康な歯です。

むし歯が治ることはないので、むし歯がある場合は早めに受診し、

日頃の歯磨きはしっかり行ってくださいね!